2010年07月11日

一足早い2010ワールドカップ総括

6月から続いた4年に1度の大会も
後は決勝を残すのみ。


いや〜、今回も色々ありました。


深夜にスカパー!見ながらtwitterでつぶやきまくり。
4年前とは明らかに観戦スタイルが変わっていました。


日本代表。
個人的には良くて1分2敗(前回と同じじゃん)と思っていた所に
まさかまさかのGL突破。
ジーコの時とは違い、直前のテストマッチ敗戦で
戦術変更に踏み切った岡田監督の決断力は凄いと思いました。
そして本田△。

ただ、それまでの戦術を見てる限り
監督本人が本来やりたかったサッカーとは
おそらく別だったはず。
「日本らしいサッカー」をどのように形作っていくのか。
次期監督の選択が重要になってくると思います。


南アフリカは善戦及ばず初の開催国GL敗退。
それ以上に酷かったのが
前回優勝国・フランスと準優勝国・イタリア。
ほとんど良いところなくGL敗退。。。

ルーニーもメッシもCロナもカカも
思ったほどの活躍ができずに姿を消し、
ファイナリストになったものの、トーレスも準決勝はベンチ。

1人のスーパースターに頼るチームより
組織としてしっかりと戦う事ができていたチームが
勝ち残っていった印象があります。

「Wカップは主催国の大陸のチームかブラジルしか優勝できない」の
ジンクスが破られ、
決勝はスペイン v オランダ。
スペインが勝てば、「直前のEURO覇者は優勝できない」の
ジンクスまで破られる
フラグ折れまくりの大会になる、と。


さて、決勝は明日の早朝ですが
仕事の都合上見られないことが確実。
再放送か何かで見られれば・・・とは
思いますけどね(´・ω・`)


という事で・・・
今回も自分の見た中から
勝手にベストマッチ&ベストゴールを選出。


●ベストマッチ
3位決定戦 ドイツ 3-2 ウルグアイ

ベタかもしれないけど
どちらのチームもやりたい事が十分にできた試合だったと思う。
ドイツのパス回し、ウルグアイのカウンター・・
両方に迫力があり、シュートシーンも沢山。
フォルランのダイレクトボレーも
ヤンセンのヘッドを導いたボアテンクのクロスも凄かった。

最後はフォルランのFKが数センチ落ちず
ポストに嫌われて幕切れ。

オープンな展開なら面白いという訳ではないとは思うけど
単純に見てて凄い! と思わせる試合でした。

ドイツもこのパフォーマンスが準決勝でできていれば
どうなったか分からないのに・・・。


●ベストゴール
ディエゴ フォルラン (v ドイツ, '51)

アレバロが右サイドを突破したものの、その後のクロスは
苦し紛れに出したルーズなものに見えた。
しかしこれを中央のフォルランがジャンピングボレー。
ピッチに叩きつけられ高く跳ね上がったボールは
GKの頭を超え、ピッチに吸い込まれた−。

「偶然を必然に変える事のできる選手」とは
スカパー! 解説・野々村さん。
一見難しそうなボールを強引にでも結果に変えてしまう所は
さすがリーガ・エスパニョーラの得点王ですね!

ベストゴールもベストゲームから選んでしまったけど
それだけこのゲームが良かったって事で!


●番外編・ベストツイート
「松木は日本のブブセラ」 (GL group E 日本 v オランダ戦後)

TLに飛び込んできたとき、思わず笑っちゃいました。
応援しているつもりなんだろうけど確かにうるさいww


明日の決勝戦もすばらしいゲームを期待したいところです。

そして4年後、どんな国のどんなサッカーが世界を席巻するのか
今から楽しみです。


4年後の自分はどこで、どんな風にW杯を見るのだろう・・・?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。