2010年08月10日

【J特】J2第21節 草津2-1栃木

W杯中断前は散々な結果に終わり、
最下位に沈んだザスパ草津。

しかし中断明けの九州勢3連戦を
2勝1分けで乗り切り、
いきなり最下位脱出に成功しました。
そして迎える今季好調・栃木との
北関東ダービー。

お盆休みという事もあり
久しぶりのホーム観戦です!


さすがダービー!


敷島(正田スタ)は人で溢れかえるし
(8000人近く入ったらしい!)
コアサポの揉み合いもあるし、
(これはどうかと思いましたが)
始まる前から凄い熱気でした!

試合の方は、栃木のFW陣を警戒し
ロングカウンター狙いで試合に入るも
栃木のボール回しの前に
思うようにボールが奪えず大苦戦。
審判の判定基準の不明確さもあり
集中の途切れた所をFKの流れから
やられてしまいます。
栃木の両外国人FWはやはり脅威でした。

しかし、HTでしっかり修正。
ポゼッションの意識を高めた後半は
栃木の疲れもあり一気に形勢を逆転。
熊のスルーパスから後藤が抜け出し同点に追いつくと
コーナーからラフィが自身のシュートのこぼれ球を
しっかりと押し込んで逆転に成功!
会場の雰囲気は大盛り上がり!!

結局そのまま試合は終わり、
中断明けの勢いそのまま、逆転勝ちを収めました。


ヒーローの熊はバクスタお立ち台で
「今日は勝ってここに立つのを決めてました!」
それだけ選手はこの試合に気持ちを持って臨んでいました。
それはダービーだから、だけではなく…。

「皆さんにお願いがあります。大基のコールを
して貰えませんか…。大基も見守ってくれてると思うんで…
俺ら本当に仲良かったんで…。」

昨シーズンまで在籍し、先日急逝した佐藤大基選手の為にも
今日はどうしても勝って喜びたかった試合でした。

最後の大基コール、きっと届いたよね…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159042447

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。